:: メインメニュー
:: サイト内キーワード検索
スピーチ
サークル
リーダシップ
コミュニケーション
プレゼンテーション
トム・ピーターズ
アガリ症
話し方教室
:: オンライン状況
12 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 12

もっと...
:: アクセスカウンタ(2006/10/1〜)
4669712

昨日: 2345
今日: 0239
メイン
   おすすめ映画について
     50/50(フィフティ・フィフティ)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
KATT
投稿日時: 2011-12-16 18:44
長老
登録日: 2006-4-20
居住地:
投稿: 99
50/50(フィフティ・フィフティ)
27歳のアダムは、酒もタバコもやらず健康的な生活を送っていたにもかかわらず、ある日ガンを宣告されます。
アダムからガンを告げられたガールフレンド、母親、親友、心理カウンセラーとのかかわりを、”お涙頂戴的”でなく、ジョークを交えてとても決め細やかに描いています。
特に、本作のプロデューサーもつとめた親友役のセス・ローゲン(映画「グリーン・ホーネッツ」主演)が、ガンのアダムをダシにナンパをするなどの女好きで、お下劣ながらもいつもアダムを支える素晴らしい演技を見せ、大笑いしながら私は涙が止まりませんでした。 セス・ローゲンがアメリカで多大なる人気がある理由が良くわかります。
アナ・ケンドリックも非常に透明感のあるキュートな心理カウンセラーを演じていて、「マイレージ・マイライフ」でアカデミー助演女優賞にノミネートされたのも決してマグレでなかったことを証明しています。

「本当に信頼できる友がどれだけあり難いか」、そして、「自分の周りの人とのかかわりを見直そう」と思わせてくれる秀作です。
是非、皆さんもご覧になって下さい。


KATT
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を