:: メインメニュー
:: サイト内キーワード検索
スピーチ
サークル
リーダシップ
コミュニケーション
プレゼンテーション
トム・ピーターズ
アガリ症
話し方教室
:: オンライン状況
14 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 江戸トーストマスターズクラブとは を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 14

もっと...
:: アクセスカウンタ(2006/10/1〜)
4093552

昨日: 2090
今日: 1234
■例会での各役割


【今夜のトーストマスター】
 トーストマスターは、その日の司会者として、プログラムの準備、進行の責任を持ちます。
 楽しく有意義なミーティングは、トーストマスターの努力と工夫によって生まれるものです。


【今夜の言葉】
 ある言葉を決め、それをできるだけ自分の発言の中に含ませるように心がけることにより、
自分の使える語彙を増やすことができます。
 「今夜の言葉」を決め、ミーティングの初めに発表します。
 言葉の意味や使用法、例文なども、日本語を母国語としない人にもわかりやすく説明します。


【えーとカウンター】
 「え〜と」「あの〜」などの無意味な口癖は、話を聞きにくくし、聞き手の理解を妨げます。
 ミーティングの全ての発言から、「え〜と」「あの〜」その他無意味、不必要と思われる
発音を聞き取り、発言者と回数を記録し、ミーティングの最後に発表します。
 また、特定のくせを持っている人にはそれをアドバイスしたり、不要な発音を減らす工夫を
した人がいたら、その努力を指摘したりします。


【タイマー】
 テーブルトピック、スピーチ、論評の発言者が話していた時間を計り、記録し、
トーストマスター、総合論評者の求めに応じて発表します。
 また、話している間には、経過した時間を示すカードを提示し、話し手に時間を知らせます。


【ボートカウンター】
 テーブルトピック、スピーチ、論評の投票を行い集計します。


【表情チェッカー】
 ミーティング中の発言者の表情や身振りに注目して、気になるところや魅力的な点を記録し、
ミーティングの最後に発表します。


【文法チェッカー】
 ミーティング中の発言の中から文法的な誤り、その他日本語として不正確と思われる部分を
聞き取り、記録してミーティングの最後に発表します。


【ちょっといい話】
 ミーティングが始まってすぐは、緊張感や落ち着かない雰囲気があるものです。
 そこで短くくつろげる話をして、会の雰囲気を和ませ、話を聞く雰囲気を作り出すことが、
ちょっといい話をする人の役割となります。


【テーブルトピックマスター】
 テーブルトピックにふさわしい問題を準備し、テーブルトピックの司会進行を行います。


【準備スピーチ】
 自分の経験や意見に基づいてスピーチを事前に準備し、話します。
 それぞれのスピーチは、国際本部が発行する「コミュニケーションとリーダシップ」という
マニュアルの課題にしたがってテーマを設定しスピーチします。


【総合論評】
 総合論評者は、ミーティングの始めから終わりまでの全体を通して、客観的に見て論評し、
会の質を高めるために建設的な意見を述べます。
 また、論評者に対しての論評を行います。


【個人論評】
 スピーカーの努力と結果に対して正直で、前向きな感想、提言、助言を述べ、スピーカーが
さらに向上する手助けをすることが、論評者の役割です。
 会合では、スピーカーに与えられているプロジェクトにそって論評を行います。
 また、スピーカーのマニュアルにもコメントを記入します。







前のページ
例会内容
コンテンツのトップ 次のページ
合同例会について